女性らしいバストへ

注射を打つ人

ヒアルロン酸注射でバストアップ

福岡県民の女性のバストサイズの平均は「Eカップ」というデータがあるほど、福岡女性はバストが豊かな人が多い傾向にあります。このような特徴のある福岡女性ですが中にはバストのボリュームが少なく、大きなコンプレックスに感じているケースも少なくありません。バストは女性の象徴ともいえるパーツということもあり、平均バストサイズが大きい福岡では小さいバストが悩みの種になりがちです。ボリューム感のないバストを豊かにしたいという場合、美容外科クリニックで豊胸手術を受けるのが最も効果的な方法です。ですが今まで1度も美容外科クリニックを受診したことがない人や、メスを使う美容整形に抵抗感がある人だと、気になっていてもなかなか施術に踏み切れないでしょう。メスを使う豊胸手術は体への負担も大きいですが福岡の美容外科クリニックでは、メスを使わないプチ整形でのバストアップも行っています。ヒアルロン酸注射というプチ整形でその名の通り、ヒアルロン酸を注射器でバストに注入することでバストのサイズをアップするというものです。サイズアップの目安は1カップから1・5カップ程度と言われており、急激な変化ではなくナチュラルにバストの印象を変えたいという人に向いています。1カップほどがバストアップの目安と聞くと、「さほどバストの印象は変わらないのでは」と感じる人もいるかもしれません。ヒアルロン酸注射での豊胸手術はヒアルロン酸を注入する位置や量によって、見た目が大きく変わります。ヒアルロン酸注射による豊胸手術を得意としているドクターを選べば、体にメスを入れることなくしっかりサイズアップできるでしょう。

ヒアルロン酸注射での豊胸手術は福岡の美容外科クリニックでも、とてもポピュラーに行われているプチ整形の1つです。メスを使わないプチ整形であること、ダウンタイム期間が比較的短いこと、アレルギー反応が起こりにくいなどの理由で、福岡の美容外科クリニックではこの豊胸手術が多くの女性に選ばれています。各クリニックで細かい部分は変わってきますが、ヒアルロン酸注射による豊胸手術の流れをチェックしてみましょう。福岡の美容外科クリニックではプチ整形であっても施術を行う前に必ずカウンセリングを行い、どのようなバストデザインにするかなどをドクターと相談することになります。施術当日は局所麻酔を行い麻酔が効いてきたらヒアルロン酸を注射器で注入、そして注射跡部分に絆創膏を貼るだけです。施術時間はわずか15分から30分ほどと短く、施術を受けた後に入院する必要もなくすぐに帰宅できます。体やバスト部分にメスを入れていないこともあり、施術当日または次の日からシャワーを浴びることも可能です。ただ全く痛みは腫れといった症状が出ないということはなく、ヒアルロン酸注入後の1週間ほどはこのような症状を感じるかもしれません。ですが痛みがある場合も施術を受けたクリニックから処方される、痛み止めを服用すればコントロールできる程度ですので安心しましょう。ダウンタイム期間が比較的短く、日帰りで受けられる豊胸手術ということもあり、ちょっとしたお休みを利用して施術を受けられるのがヒアルロン酸注入での豊胸手術の魅力です。

Copyright© 2020 ヒアルロン酸注射とボトックス注射の違いをチェック All Rights Reserved.