注射を打つ人

女性らしいバストへ

バストが小さいという悩みを福岡の美容外科では、ヒアルロン酸注入というプチ整形で解消しています。ヒアルロン酸を注射器で注入し約1カップほど、バストアップすることが可能です。施術時間が短く入院する必要もありません。
女性

手軽な施術とは

福岡でプチ整形を利用する目的は人によって異なるものの、多くはできるだけ費用をかけたくないことが挙げられます。プチ整形は手軽に日帰りでできる施術ばかりです。費用もリーズナブルで学生でも支払える程度となっています。
女性

受診前に知りたいこと

福岡などでプチ整形をおこなう際は、病院選びを慎重におこない、カウンセリングを受けて自分に合っている病院を判断します。手軽に出来るだけでなく高い効果が期待でき、ダウンタイムも短く情報を簡単に収集できるなどが人気を集める理由です。

効果のあるシワに違いが

女性の目元

自分のシワに合った施術法を選ぶ

九州の玄関口として知られる福岡県には多くの美容整形外科クリニックがありますが、近年はメスを使う大きな手術よりもプチ整形を希望する人が増えています。例えば、シワを解消する施術でも福岡の美容整形外科クリニックではメスを使う美容整形のフェイスリフト、メスを使わないプチ整形のヒアルロン酸注射やボトックス注射などが受けられます。同じシワを目立たなくする美容整形ですが、施術の内容や効果には大きな違いがあるので自分に合う方法を選ぶことが大切です。フェイスリフトの場合、1回の手術で10才以上は若返りの効果を得られると言われているほど、強力なリフトアップ効果を発揮します。一気に若返りたいという人には向いていますが、顔にメスを入れることに抵抗を感じる人にはあまり向いていません。また料金も100万円以上かかるケースも少なくなく、金銭的な負担を抑えつつ若返りたいという場合には、メスを使う美容整形は向いていないと言えるでしょう。ではプチ整形はどうかというとヒアルロン酸注射、ボトックス注射どちらも1回にかかる平均費用は約10万円から20万円ほどです。メスで皮膚を切開したり縫合したりするという大掛かりな手術を必要としないため、プチ整形は料金がリーズナブルな傾向にあります。また顔にメスを入れずにシワを解消できるので、メスを使う美容整形に抵抗感があるという場合は、ハードルの低いヒアルロン酸注射やボトックス注射が良いでしょう。ただ、ヒアルロン酸注射とボトックス注射の効果は半年から1年程度で消えてしまうので、シワが目立たない状態をキープしたいなら継続して施術を受ける必要があります。

福岡の美容整形外科クリニックではヒアルロン酸注射とボトックス注射は、とてもポピュラーに受けられるプチ整形として知られています。どちらのプチ整形も文字通り注射器で薬剤を注入することで、より美しい状態へと導いてくれるのが特徴で、福岡の美容整形外科クリニックではしわ取り術としてこの2つの施術を希望する患者さんが多いようです。ただ、同じ注入系のプチ整形ではあるもののヒアルロン酸注射とボトックス注射、それぞれ向いているシワのタイプは異なります。例えばヒアルロン酸注射の場合は、ほうれい線など深いシワを目立たなくしたいという人におすすめです。弾力性のあるヒアルロン酸をシワがある部分に注入し、シワとなっている溝をヒアルロン酸で埋めるようにして、若返りの効果を発揮します。ボトックス注射はというとおでこや眉間・目尻などにできる、いわゆる「表情じわ」の改善に向いている施術法です。ボトックス注射に使用される薬剤はボツリヌス製剤というもので、このボツリヌス製剤は筋肉の動きを弱めるという働きを持っています。表情じわは顔の筋肉を動かすクセによって、皮膚が常に折りたたまれた状態となり出来てしまったシワです。筋肉の動きを軽減するボトックス注射を表情じわが気になる部分に行うことで、筋肉の動きが制限され結果、シワとなりにくい状態を作り出します。福岡の美容整形外科クリニックでプチ整形でのシワ取り術を受けたいのであれば、代表的な施術法のヒアルロン酸注射・ボトックス注射の違いを把握して、シワのタイプに合わせて施術法を選びましょう。

Copyright© 2020 ヒアルロン酸注射とボトックス注射の違いをチェック All Rights Reserved.